競馬は上手で安定していますが 随所に幼さを見せていました

2番人気のフェーングロッテンは好スタートから押してハナへ。4コーナーでは後続を引き付けて、直線でしぶとく粘り腰を発揮したが、ハナ+アタマ差の3着に惜敗した。それでも適距離に戻って力を示したといえ、「周りの動きをうかがいながら逃げる形でこういう競馬をしたかった。ラストは少し苦しくなったが、馬の気持ちは最後まで切れていなかったです」と松若騎手も好評価を与えていた。

◆福永騎手(トーホウガレオン3着)「間があいていたせいか、気負っていました。競馬は上手で安定していますが、随所に幼さを見せていました。少しずつ大人になればと思います」◆鮫島駿騎手(スズカダブル4着)「前の2頭がオーバーペースと思ったので、マイペースを守って走りました。2着馬がしぶとく、捕まえに行ったときはいい動きをしましたが、最後は脚が上がって後ろにもかわされました」◆和田竜騎手(サンライズピース5着)「長くいい脚を使えるかなと思っていましたが、速くなるならもう少しじっとしていても良かったですね。ラストは来ていますが、最後は少し止まってしまいました」◆浜中騎手(シンゼンイズモ6着)「テンションが上がって返し馬からコントロールが利かなかったので、後ろからのレースをしました。初めての輸送競馬、間隔など、いろんな要素が影響したかなと思います」◆イーガン騎手(クファシル7着)「2番手から気持ち良く行きましたが、掛かっていました。手応え良く直線に向きましたが、最後の300メートルで疲れました。1200、1400メートルが合うかなと思います。ポテンシャルは高いので、短距離路線で活躍できると思います」

競馬をやめて1年が経つ今では、すべての事に解放された気分になっています。

スマホアプリのパチンコやパチスロ、競馬などで代用しギャンブルの高揚感はアプリで得られるように導いてください。

◆横山武騎手(アラタ4着)「(24キロ増は)成長分もありますが、結果的に少し重かったかもしれません」◆横山和騎手(マテンロウレオ5着)「自分が思い描いた競馬をできなかったが、馬はダービーで乗せてもらったときよりも精神的に成長しています」◆北村宏騎手(レッドランメルト6着)「結果的に外枠がつらかった。ただ、立ち回り次第で重賞でもやれますよ」◆斎藤騎手(カレンルシェルブル7着)「ベストの舞台ではなかったが、ここでもやれると感じました。直線が長いコースなら」◆江田照騎手(フォワードアゲン8着)「3コーナーからスムーズに上がって、最後も脚を使ってくれました」◆バシュロ騎手(ラーゴム9着)「気難しい面があって、道中は掛かってしまいました」◆丹内騎手(エヴァーガーデン10着)「手応え良く来たが、思ったよりも伸び切れなかったです」◆石橋騎手(スカーフェイス11着)「〝出していってほしい〟という指示でしたが、進みませんでした。今回は上へ浮くような走りで厳しかったです」◆石川騎手(レインカルナティオ12着)「直線で挟まる不利が痛かった」◆田辺騎手(ヒュミドール13着)「もう少し距離がある方がいいかも」◆松岡騎手(ウインキートス14着)「行きたかったが行けなかった」◆柴田大騎手(コスモカレンドゥラ15着)「3コーナーあたりから踏ん張れなかったです」◆津村騎手(ワンダフルタウン16着)「走りが硬くて、いいフォームで走れなかった」◆大野騎手(ゴールドスミス17着)「本来の力を発揮できなかった」

メイクアスナッチは9日のフェアリーSで小差2着。先行したデビュー2戦から一転、中団から脚を伸ばした内容に、武市調教師は「馬混みに入っても我慢できたし、直線でもしっかりはじけた。調教からやってきたことがレースでも出せましたね。あれで負けたら仕方がないです。勝ち馬とは通ったコースの違いもありましたから。体も増えて出られたのも良かったし、先々につながる競馬でした」と感心する。賞金を加算できたことでローテも組みやすくなり、今後は放牧を挟んで桜花賞(4月9日、阪神、GⅠ、芝1600メートル)へ向かう見込みだ。

1月5日の中山11R・第72回中山金杯(4歳以上オープン、GⅢ、芝2000メートル、ハンデ、17頭立て、1着賞金=4300万円)は、戸崎圭太騎手の1番人気ラーグルフ(美浦・宗像義忠厩舎、牡4歳)が中団追走から抜け出すとゴール前の接戦を制し、重賞初制覇を飾った。タイムは2分00秒2(良)。昨夏のラジオNIKKEI賞以来となる重賞Vを狙ったフェーングロッテン(2番人気)は、果敢にハナを奪ってしぶとく粘ったものの、ゴール前で捕まり3着に惜敗。適距離に戻って、前走の菊花賞15着から巻き返したともいえるが、悔しい結果となった。◆松若風馬騎手「周りの動きをうかがいながら逃げる形でしたが、こういう競馬をしたかった。道中もリズム良く走れたし、ラストは少し苦しくなったが、馬の気持ちは最後まで切れていなかったです」

おすすめの記事