競馬はあくまでも上位に来る馬を予想することから始まります

仮に借金をしても、たった1レースで負け分を取り返せるだけの爆発力を持っているのが競馬です。その結果、借金に対するハードルが低くなってしまうのが怖いところ。

レースに勝った馬や、もしくは上位入選した馬には賞金が与えられますが、競馬は一定の賞金を稼ぐとレースランクが上がり、より強い馬同士でレースを行います。
つまり、勝てば勝つほどレースレベルが上がります。

無理に自分の力のみで解決しようとするのではなく、第三者機関に頼ることで無理なく競馬や借金生活から抜け出すことができるようになるでしょう。

また、競馬を楽しんでいる時間は熱くなっているため、冷静な判断ができません。チャンス(レース)とお金(借金)さえあれば、自分の実力次第で逆転できる!と思い込んでいる方は多いです。

インターネット購入をメインにされている方は口座にお金を入れておかなければ、借金をしてまで競馬をする可能性が低くなります。

今回は、借金をしてまで競馬をしてしまう理由や今後起こり得るリスク等についてお伝えしました。

公営競技ギャンブル依存症カウンセリングセンターでは、競馬などのギャンブル依存症に関する相談のほか、安心して公営競技を楽しめるように「ギャンブル等依存症問題啓発週間 」の活動をSNSで促して、ギャンブル依存症を早期発見できるように診断ツールを開発したり、さまざまな啓蒙運動をしています。

また、その日は競馬で負けたとしても、よほどのことがない限り競馬は毎週開催されるので、来週以降の予想しやすいレースで収支の改善に取り組む方が合理的なのです。

そして、あなたに対する信用を回復させることは非常に困難です。相手の記憶は「◯年経過すれば消滅する」というものでもありません。借金や競馬をやめられなければ、お金のみならず信用や家族・友人を失ってしまう結果になり得るでしょう。

異動情報は滞納の解消から5年間は継続して残ります。そのため、競馬をやめられずに滞納が続いている間は、半永久的にローン契約等の締結が困難になるでしょう。

そして、競馬で作った借金を清算したいと心から思っているのであれば、すぐにでも司法書士や弁護士へ相談してください。競馬と借金を精算し新たな人生をスタートさせる努力をされてみてはどうでしょうか。

最後に、競馬生活・借金生活から抜け出すための方法についてお伝えします。

競馬にのめり込んでしまう方の相談先は下記の通りです。

たとえば、あなたの可処分所得が20万円だったとすれば、毎月(完済まで)5万円ずつ差し押さえられるということです。競馬をするための資金を失うだけではなく、自分や家族への影響も著しいでしょう。

競馬はあくまでも上位に来る馬を予想することから始まります。
そして、馬券に絡む馬を予想した上でオッズを確認することが基本です。

おすすめの記事